13.3cm×30cm×22.5cmのバックロードホーンが大型スピーカーのバランスで鳴ります!
大型スピーカーの再生能力の高さは誰もが認めるところです。 しかし、あまりに大きく、重く、少し動かすのも大変です。
スピーカーを手近に置いて音楽を楽しみたい時、小型のスピーカーを買い求めたくなりますが、おもちゃのような音だったために
長くは聴いていられず買ったことを後悔する、こんな経験を皆様お持ちではありませんか?
小型かつ大型スピーカーのようなバランスを両立させるために、新たな設計手法かつ精密なバックロードホーンを完成させました。
コンパクト・バックロードホーンのカットモデル
単に小型にするだけならば「バスレフ方式」でも良いかも知れません。
でも、出てくる音が低音域の音程が分からない 「雰囲気だけ」の音では満足感は得られません。
小型でも低音域の音程が分かるスピーカーとするためには、スピーカーユニットにしっかりした
制動を掛け、「共鳴に頼らない」ことが重要です。
インフラアコースティックスは、エクスポネンシャルホーンを新たな設計手法を用い、しかも出来る
限り精密に
製作することで スピーカーユニットに文字通りのバックロード(負荷)を掛け、ユニットの
foをはるかに下回る低音再生能力と高能率を実現しました。
MarkAudio社の Alpair5v2SS(5cmフルレンジユニット)はアルミコーンで背圧に強く、
コンパクト・バックロードホーンとの組み合わせにより、30Hzの音圧を引き出すことが出来ます。
良く伸びた高域と低音域の再生能力は別格で、これが大型スピーカーのバランスを生み出します。
図1 周波数特性コンパクト・バックロードホーン周波数特性

図2 インピーダンス特性コンパクト・バックロードホーン インピーダンス特性

図3 ホーンの低域の伸び
ホーンの低域の伸び
左図1はコンパクト・バックロードホーンにAlpair5v2SSを取り付けた場合の周波数特性です。
Alpair5v2SSのfo(最低共振周波数)は97.7Hzですが、コンパクト・バックロードホーンに取り付ける
ことにより、foをはるかに下回る30Hzまでのレスポンスがあることが分かります。
140Hz付近の鋭い落ち込みは、Alpair5v2SSから直接放射された音とホーン開口部からの音が
干渉してできたもので、この周波数の音が連続的に放射された場合には発生しますが、通常は
そのような音楽信号は無いので気にする必要はありません。

左図2をご覧下さい。一般的なバスレフ(位相反転)形式で観測されるようなインピーダンスの
山(ピーク)が見られず、低く抑制されていることがお分かりになると思います。
インピーダンスのピークはユニットの振動系が自由に振動している周波数を表しており、音楽信号とは
無関係かつ常に付随してくる音となって再生音を濁らせてしまいます。
コンパクト・バックロードホーンでは、そのようなピークが無く、余計な付随音が無いため、余韻が
美しく奥行きに広がっていく様子が分かります。

コンパクト・バックロードホーンの低域の伸びは、ユニットを変更しても同じように得られます。
左図3は国産F社Mユニットを取り付けた場合の周波数特性ですが、従来の設計手法によるF社推奨
バックロードホーンの特性に比べて低域の伸びが違います。コンパクト・バックロードホーンの設計が
適切で、精密に製作されていることがお分かりになると思います。
(バックキャビティ容積はユニットに合わせて設計し直す必要がありますので、ご相談下さい)
コンパクト・バックロードホーン『A5』にSICA社Z000960を取り付けてみました(使いこなし例
お問合せはこちら
製品 ラインナップ
コンパクト・バックロードホーン ■ コンパクト・バックロードホーン CBLH-A5
 MarkAudio社の傑作5cmユニット『Alpair5v2SS』用に設計しました。
 他のユニットでも、開口部の直径が小さく、奥行(前面バッフルからユニット後端まで)が収まるものは
 取り付け可能です。
 但し、バックキャビティの容積を(詰め物等で)チューニング出来る場合に限ります。
 例えば、FOSTEX社のM800やSICA社のZ000960(どちらも8cmユニット)は使用可能です。

  外形寸法: W133×D300×H225(mm) ※本体のみ
  ユニット開口部径: φ 82mm
  バックキャビティ奥行: 60mm
  前面バッフル板厚: 12mm
  材  質 : MDF
  質  量 : 2.7Kg / 1台 ※本体のみ
  付 属 品 : スピーカーターミナル 2個、 内部接続ケーブル 2組(ファストン端子付完成品)
  価  格 : 32,000円 (筐体完成品・2台1セット及び付属品1式、税別)
  送  料 : 1,000円 (税別)
  ※ お得なAlpair5v2SSセット価格: 47,000円(上記セットAlpair5v2SS・2台1セット、税別・送料別)
    Alpair5v2SS (Gold色)のセット CBLH-A5UG、(Grey色)のセット CBLH-A5UR

Amazon インフラアコースティックスの製品ページ
無垢オーク製バッフル板
■ 無垢オーク製バッフル板
 コンパクト・バックロードホーン CBLH-A5(UG、UR)専用の前面バッフル板です
 Alpair5v2SSのプラスチックフレーム(7mm)より厚みがある(15mm)ので、フレームの出っ張りを
 隠すことが出来ます。
 無垢のオーク板からNC加工でホーン状に削り出したもので、とても正確に出来ています。
 CBLH-Alpair5の前面に貼り付けるだけで、Alpair5v2SSのフレームとバックロードホーンの開口部が
 ぴったり合います。これだけでも見栄えは数ランクアップします。
 
 外形寸法: W133×T15×H225(mm) 
  ユニット開口部: φ 100mm
  材  質 : 無垢オーク単板
  質  量 : 190g / 1枚
  価  格 : 5,000円 (完成品・2枚1セット、税別。 CBLH-A5と同梱。)
 突板貼りの例ブルー塗装した例 無垢オーク製バッフル板を取り付け
これが標準です リアビュー ラックに収まる設置方法
■ こんな楽しみ方が
 上掲の写真は、上左から突板貼り、ブルー塗装、無垢オークバッフル
 下左から標準と標準のリアビュー、ラックに収めるように横置き2台設置(横幅45cm高さ13.3cm)、と色々な姿に変えて楽しむことが出来ます。
 コンパクトですから手間もそれほど掛かりません。
お問合せはこちら